© Copyright 2014 by KINASA NAGAO with Wix.com

  • Wix Twitter page

【一日一話】「ラスト・シャーマン」第二章 第九話 月の神

September 10, 2017

 それからしばらくして、月読達は伊予国をめざし吉備国の港から出発した。
 先頭に覇夜斗が率いる出雲の兵を載せた第一船団、その後方を月読の率いる第二船団が続いた。
 航路をまっすぐ南に定め、連なる島々の間を縫うように進行していくと、じきに巨大な伊予之二名島〜いよのふたなのしま〜(四国)の島影が姿を現した。
 秋の高い空は晴れ渡り、海原は凪いで不気味なほど静かだった。
 
第八話 月の神
 
 
 
この回で、月読たちは吉備国の港を出港し、伊予国を目指します。
彼らが航路にしているのは、「しまなみ海道」をイメージしています。(吉備国は広島県の東部にまで及んでいたとされています)
 
当時の吉備国は、瀬戸内海を往来する船の拠点として、大陸や九州などからの物資が集まり、おおいに栄えていたと想像しています。
また、四国への航路や、日本海側へ続く陸路もあり、今でいうハブ港のような役割を担っていたのではと思っています。
 
縁あって近々吉備を訪れる機会に恵まれましたので、その時は現地の歴史と空気に触れて、古代吉備国へ思いを馳せたいと思います。

(今月の2日〜3日にかけて吉備に行ってきました。とても有意義な時間を過ごさせていただきました)

 

 

Please reload

Featured Posts

クラウドファンディングで自費出版をすることになりました

April 18, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now