© Copyright 2014 by KINASA NAGAO with Wix.com

  • Wix Twitter page

【一日一話】「ラスト・シャーマン」第一章 第六話 巫女の涙

August 28, 2017

「男鹿! 壹与を頼む!」

「はっ!」

 戸口のそばに立っていた男鹿は、素早く駆け寄り壹与を抱き上げると、白装束の女達を連れて部屋を出て行った。
 
第六話 巫女の涙
 
 
この回で、私が高校生の頃に書いた第一章は完結です。
この時から約四半世紀の時を越えて、第二章を書き始めました。
 
第一章を書いた頃、この回で登場する男鹿(おが)は、ほんの脇役でした。
でも、ここから彼は私自身も想像していなかったほど、重要な人物へと変貌していきます。
今後、彼の動向にも注視して、読み進めていただければと思います。
 
彼の名前の由来はすでに記憶にありませんが、おそらく秋田県の男鹿半島からとったのでしょう。
海産物が美味しく、景色の美しい場所のようなので、一度行ってみたいと思います。

 

 

Please reload

Featured Posts

クラウドファンディングで自費出版をすることになりました

April 18, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now