© Copyright 2014 by KINASA NAGAO with Wix.com

  • Wix Twitter page

【一日一話】「ラスト・シャーマン」第一章 第二話 最後の神託

August 24, 2017

 ふっとよろめいた姉の体を、咄嗟に少年の細い腕が支えた。

「姉上、少しは休まれないと御身がもちますまい」

 休息をすすめる弟の言葉に、大王は首を左右に大きく振った。

「否! こうしている間にも人が死に、子が泣いています。私には民を守らねばならぬ使命がある!」

 すでに体は支え無しでは立っていられぬほど衰弱しながらも、口調は女王としての威厳を損なってはいなかった。

「もう少し、もう少しで神の声が聞こえそうなのです」
 
 
第一章 第二話 最後の神託
 
 
弥生時代、倭人にとっては神託がすべてでした。
大雨が降れば神の怒りを鎮めようとし、日照りが続けば雨乞いをしました。
そんな彼らにとって、神の声を聞くことができる唯一の存在である巫女は、常に政(まつりごと)の中心にありました。
この回では、国と民の命、それらすべての責任を一身に背負っていた巫女の、覚悟と悲哀を感じていただければと思います。

 

 

Please reload

Featured Posts

クラウドファンディングで自費出版をすることになりました

April 18, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload